「甲状腺スクリーニング検査を実施しないことを推奨する」――IARCの勧告 | SYNODOS -シノドス-

チェルノブイリ原子力発電所事故の後に、周辺地域の多くの子どもたちが甲状腺がんと診断されました。このことから、原子力災害が起きて放射性物質が環境中に飛散した場合、周辺住民の甲状腺検査の必要性が検討されることがあります。 ただし、甲状腺のスクリーニング検査(症状のない集団に対する甲状腺がんの可能性の有無…