声をあげることが性暴力からの救いにはならない。それでも訴え続け、変わったこと

「こんなにも理不尽だなんて」という怒りと悲しみが、被害者にはある。