「ストックホルムでワルツを」スウェーデン語のジャズシンガー

スウェーデンの国民的歌手、モニカ・セッテルンドのサクセスストーリー。 ジャズ好きの間ではビル・エヴァンスと共演したことで知られている。主演のエッダ・マグナソンがモニカの波乱万丈の半生を熱演。