3割の力で作って、新聞やテレビで紹介され、生活費くらいのお金が入るネタサイトの作り方【連載:村上福之】 - エンジニアtype | 転職@type

先月、『Japan Changer(現在サイト閉鎖中)』という一回4800円の課金サイトや『BackGuy』という9800円の爆買い検索サイトを作ったのですが、たいして宣伝していないのに、大学生の生活費くらいのお金が入ってきました。僕はこうした課金ネタサイトをたまに作ります。そこで、最近僕が実践している「ネタサイトの作り方」…