Unity as a Library を使用する | Unity

Unity as a Library を使用すると、拡張現実(AR)、3D/2D リアルタイムレンダリング、2D ミニゲームなど、Unity で開発した機能を、ネイティブモバイルアプリケーションに直接挿入できます。