進路の見込めない専攻を縮小へ、大学院改革で中教審 | 大学ジャーナルオンライン

 中央教育審議会大学分科会は人工知能やIoTの普及で社会が大きく変貌する2040年を見据えた大学院教育の改善策として、学生の進路が見込めない専攻について定員の削減や社会的なニーズが高い分野への振り替えなどを大学側に求める方向を打ち出した。 文部科学省によると、中教審大学分科会は国内の修士学位取得者が諸外国…