「愛情ホルモン」オキシトシンのダークサイド|WIRED.jp

愛情や信頼などの感情を呼び起こすとされるホルモン『オキシトシン』。しかし、このほどその「負の側面」を明らかにする実験が行なわれた。被験者らのエスノセントリック(自民族中心主義)な傾向が増したのだ。