あらゆるビジネスは「ネットフリックス化」し、地球を救う|WIRED.jp

Uberをはじめとするシェアリングエコノミーの先にある社会とは、どんなものになるか。「所有する」という概念は進化し、ビジネスモデルがサーヴィス化を志向するなか、「省資源社会」が促進される、との指摘がある。