ゴミの億万長者──ダンプスター・ダイヴァー、マット・マローンの「文明論」 | WIRED.jp

都会に捨てられたゴミから年間25万ドルを稼ぐという「プロのゴミ漁り」、マット・マローン。文明から出たゴミを掘り返すことで彼が得た主な洞察はすなわち、たいていの人間はもはや価値に大した価値を置いていない、ということだ。