理論物理学者から下請け社長 常識破りの発電機で「ヒマラヤに光を」 - withnews(ウィズニュース)

世界の名門、オックスフォード大で博士号を取得した茨城県の中小企業社長が今、自ら開発したお手軽水力発電機でヒマラヤ山村に電気を届けようとしています。理論物理学者から転身し、下請け中心の家業の後を継いだ菊池伯夫さんの描く夢は?