【同人誌】『王女と吸血鬼/貴城はつ(hatuburg)』感想レミリアが幻想郷に至るまでを描く西洋小説

サークル:hatuburgの貴城はつさんが書くレミリア・スカーレットの同人小説です。 幻想郷に至るまでにレミリアがこの世界でどのように生きていたかを描く「レミリアスタコージウシリーズ」 西洋史と東方の原作を結びつける手腕がすごくて、もうこれが公式設定でいいんじゃね?ってくらい史実との摺り合わせがすごい。 重厚…