社会を憎んだ少年が「利他」に生きる大人になったわけ

「あのときこうしていれば」という後悔や、「なぜあいつはうまくいっているのに自分は」という嫉妬。きっと誰もが一度は持ったことのある感情かもしれません。今回のインタビューは、そんな思いを抱えながら育っていたはずが、いつの間にか「人のためにお金と時間を使う大人になっていた」と語る編集者、徳谷柿次郎さん。