「現代」にいなくても、居場所はあった。モダンガールの「生き方のスヽメ」

現代の女性には珍しい、ショートカットにくっきりメーク。現代を生きるモダンガール、淺井カヨさんは、現在住んでいる東京都の小平新文化住宅から、大正から昭和初期を彩った女性「モダンガール」の時代である大正末期~昭和初期の生活を実践、Twitterや日本モダンガール協會を通して、その様子を発信しています。