【台湾映画情報】「百日告別」トム・リン監督&チャン・シューハオスペシャルメッセージ

何たる喪失感。愛おしい人を亡くした痛みがヒリヒリ伝わり、百日かけて克服する姿がともに心の旅をしているようだった。台湾映画ならではの繊細さと、人に寄り添う温かさが満ち溢れている。――― 宮本亜門(演出家) 突然の死、、、そして襲いかかる喪失感、痛み、怒り、哀しみ、後悔。失った事を受け入れるまでのモーニングワ…