出生数100万人割れから見える、私たちの未来予想図

出生数が98万1000人になった 婚姻率と出生率が下がっているので、出生数も下がるのは当たり前の展開ですが、2016年に生まれた子どもの数がとうとう100万人を割りました。これは、1885年以来ということになります。