スタバが「お茶の国」で人気、ミレニアル世代中心に

北京市中心部のスターバックスで、トゥ・ペイペイさんはお昼休みを過ごす。30代の彼女は友達に会うためコーヒーショップに行くことが多いと話す。世界最大のお茶の消費国である中国で、ミレニアル世代を中心にコーヒーの人気が高まっている。