震災の地に足を踏み入れて

郷愁の念に駆られるように思い立ち、休暇の合間に時間が少しとれたこともあって、東日本大震災から4年以上たった今、はじめて宮城県の被災地に足を踏み入れました。 震災当時は手がけていた仕事もあり、なかなか現地に出向くことができませんでした。ただ、メディアの報道や医療支援に行ってきた同僚などの人づてに聞いた…