お母さんはぼくのために【倫太郎君は英会話スクールに行きたくない(終)】

■スポンサーリンク // 前回のあらすじ 荒れてばかりでレッスンの成立しないキッズ英会話を担当することになった新人英会話講師のきゃとらに。そんなきゃとらにが配属されたのはやる気のないう◯こ絶叫少年『倫太郎(仮名)』君など個性あふれる生徒様ばかりが集まったクラスだった。子どもとの接し方を知らないきゃとらにの…