「ダッタン人の踊り」で学の無い私が思い浮かべた踊り

「ダッタン人の踊り」と言われて庶民の私が思い描くものは、本物と全く関係ないコミカルなものでした。