ラオスに残る大量の不発弾、米大統領が向き合う負の遺産

ラオス北東部のシエンクアン県に住むイェイ・ヤンさんは、あの事故から2年もの間、外出することができなかった。「農作業はできず、友人にも会えなかった。私を見れば怖がるだろうから」と話すヤンさんは「生きていたくないと思った」とさえ言う。 米中央情報局(CIA)がベトナム戦争中にラオスで展開した、いわゆ...