戊辰所用錦旗及軍旗真図

戊辰戦争(1868)の際、官軍が用いた錦旗及び軍旗の精密な模写図です。錦旗は承久の乱(1221年)の時、後鳥羽上皇が官軍の大将に授与したものが最初と言われています。赤地の錦に金銀で日像・月像を刺繍したり、描いたりしました。明治元年(1868)1月の鳥羽・伏見の戦いから翌明治2年5月の五稜郭の戦いまでの戊辰戦争にお…