小説家は億万長者になれるのか?『作家の収支』【本感想】

代表作として「すべてがFになる」「スカイ・クロラ」等があげられる作家の森博嗣さん。デビュー19年、出版数280冊に及ぶ作者が、職業「小説家」として稼いできた金額について書いた本である。金額に関しては実際のデータに基づいてしっかりと書かれている印象。売れっ子作家がここまで細かく収支について述べた本は珍しい…