じごくのそうべえ (童心社の絵本 そうべえ そうれ ごかっさい) :たじま ゆきひこ

じごくのそうべえ たじま ゆきひこ 「とざい、とうざい。かるわざしのそうべえ、一世一代のかるわざでござあい。」綱わたりの最中に、綱から落ちてしまった軽業師のそうべえ。気がつくと、そこ は地獄。火の車にのせられ、山伏のふっかい、歯ぬき師のしかい、医者のちくあんと三途の川をわたってえんま大王の元へ。4人は…