立花隆『「知」のソフトウェア』〜情報処理パラノイアのための7つの技法

「知」のソフトウェア 1984年刊行。個人用コンピュータがまだまだ一般的ではなかった時代に「ソフトウェア」の名を冠して、「知の巨人」とも言われる著者が得意とする膨大なインプットをアウトプットに変えていく技法について述べられていきます。 使われる材料は現代と比較したら変化しているところも多いのですが、それ…