「あの時の自分」を切断処理して謝る人とは付き合いたくない

「あの時の自分」は「今の自分」の延長線上 完全な風邪。終電を逃して徘徊した深夜の新宿ゴールデン街が非常に寒かったのが原因と思われる。昼間は暑かったぐらいだし、身体がビックリしたのだろう。名義上のカノジョに名義上の看病をしてもらったら、名義上のカノジョも風邪を引いてしまったらしく、形而上空間において看…