ハインライン『夏への扉』〜過去へのコントロール不可能性を超えて

『夏への扉』を読んだ 『夏への扉』は1957年にロバート・A・ハインラインによって書かれたSF小説の古典であり、日本での人気が非常に高い。その一方で、評論家や海外での評価はそれほど高くないというギャップがある事までは知っていた。 hatena内でオススメのSFをリストアップするのが流行だ。 ホコリの被った旧作(「古…