インターネットの記事一つで人生が激変した「15歳のコーヒー焙煎士」の現在

高校へ行かず、15歳でお店を開いた岩野響さん。著書『15歳のコーヒー屋さん』『コーヒーはぼくの杖』にも登場するお店誕生の裏側とは? お客さんが殺到して、何を感じたか? 「リップル洋品店」を営むご両親とともに、話を伺いました。