読むと後戻りできない「タネ」の話。手塚治虫『火の鳥』初代編集者が語る

埼玉県飯能市で在来種・固定種の野菜のタネを扱う「野口種苗研究所」の野口勲さん。手塚治虫氏『火の鳥』の初代担当編集をつとめたという野口さんに、タネと私たちの未来の関係について聞いてみました。