日米の不動産取引事例量の違いから生じる、日本の物件売買の難しさ

日本とアメリカの不動産仲介業の比較をしました。MLSやレインズについて、詳しく紹介しています。なぜ、日本がグローバル不動産透明度インデックスで低い位置に甘んじているのかを紹介します。