クマ、福井県内で大量出没の恐れ 2019年秋、県が注意呼び掛け | 社会 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

ツキノワグマが今秋(9~12月)、福井県内で大量出没する可能性があることが9月13日、県の予測で分かった。餌となるブナやミズナラの実が県全体で凶作となっているためで、県は注意を呼び掛けている。 県庁で同日開かれた県の出没対策連絡会で示された。今夏に県内46地点でブナ、ミズナラ、コナラの実の付き具合…