ホームで泣き暮れる彼女。僕はどうすることもできなかった #終電と私

0時が近づくにつれて、街の人々は「終電」が気になりだす。帰ろうか、残ろうか。時計を見ながら正解を考える。甘酸っぱい思い出も、切なく悲しいできごとも、...