「こうふく みどりの/西加奈子」感想 こわい、こわい、こわい

前回の「きりこについて」を返却したとき、続けて借りてきた西加奈子さんの「こうふく みどりの」の感想です。 2008年に出版されてますし、ネタバレ込みですすめます。 読み進めるうちに「だんだんつながってぞくりとする」要素もある本なので、 興味ある!読むかも!という人は読んでから 「おおたはどう思ったんかな…