雲の階段

過疎の離島で医師不足に悩む診療所に務める事務員・相川三郎。「アッペ (虫垂炎) をやってみるかい?」三郎は、所長の指導の下、メスを握った―違法と知りつつ、持ち前の手先の器用さと真面目さと勘の良さで様々な治療を覚えていく三郎。島の人々も彼を「若先生」と呼び始める。「島から出なければいい」、「これは、人助けだ…