【谷崎潤一郎『刺青』】優しい解釈篇

本を読まない人も、有名な日本の文学作品を気軽に楽しめたらいいなと思う文学部生、ひよこです 今回は、10分ほどで読める短編、谷崎潤一郎の『刺青』を紹介します。谷崎潤一郎の名前は聞いたことがあるという方も、誰それ?という方も、1作品知っておくのはいかがですか? この記事は活字が嫌いな方、小説は好きだけれど、…