「ワンダー 君は太陽」で描かれたトリーチャーコリンズ症候群 "当事者"石田祐貴さんが視線を浴びながらも街を歩く理由

「うまくいかないことや辛いこともあったが、人と関わること全てが楽しかった」