日本人特有のエリア感覚「結界」の応用。

// 紙や布1枚で世界を分離する文化 結界という言葉をご存知でしょうか。 主に俗世界と神聖な場を区切る意味として使われます。寺社では山門や鳥居などを結界としており、一般社会と清浄な場とを分ける例としては、高野山や比叡山がそれに相当します。そうした聖地では「国土結界」などといわれます。 神社のしめ縄などは…