【居心地】=設計と性能、記憶と物語の視点から。

// マニュアル、数値だけでは快適な住まいを創ることはできません。居心地のいい空間のデザインには人の記憶、時間の流れまで理解することが求められ、そこで初めて機能を付加した美しさが体現されます。これがいわゆる「用と美」。居心地を醸すために何より欠かせないのは、丁寧に家に人に向き合う姿勢といえるかもしれま…