博多・大陥没たちまち埋め固めた「流動化処理土」注入2時間でセメント化するスグレモノ

大規模な陥没事故で不通になっていた福岡・博多駅前道路が開通したが、わずか1週間で復元したのは「メイド・イン・ジャパンのある物です」(司会の夏目三久)だった。ある物とは流動化処理土で、復旧工事を担当した冨土機のコンクリート技師、松尾和也技術課長は「基本的には土と水を加えたどろどろになった原料に少量のセメン…