2050年、再エネ5~6割 脱炭素へ議論本格化―経産省:時事ドットコム

政府が来年中にもまとめるエネルギー基本計画の改定に向け、議論が本格化してきた。経済産業省は、2050年の電源構成に占める再生可能エネルギーの割合を5~6割とする「参考値」を公表。洋上風力の主力電源化などを通じ、50年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロとする政府目標の実現に弾みをつけたい考えだが、脱…