珈琲店にて【プロ子の野望 第八話】

【前回のあらずじ】 就職活動中のフロ子はある会社の説明会で疑問を感じる。その疑問の答えを探すべく人財プロオフィサーの大林と珈琲店で待ち合わせた。 窓際に座ったフロ子たちが注文を終えると、外では強い夕立が降り始めた。駅の改札口には人があふれ、二人のいる珈琲店との数メートルの間は完全な空白地帯となった。 …