「骨粗鬆症(骨粗しょう症)」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。日本には約1000万人以上の患者さんがいるといわれており、高齢化に伴ってその数は増加傾向にあります。