PUVA療法の適応となる主な疾患の覚え方・語呂合わせ

PUVA療法について PUVA療法はソラレンを外用・内服し、長波長紫外線を照射する治療法である。 主な適応疾患として ・尋常性乾癬 ・尋常性白斑 ・菌状息肉症 ・掌蹠膿疱症 ・アトピー性皮膚炎 ・円形脱毛症 がある。 さまざまな覚え方があるが、自分は「ジョウがつく!」と覚えている。 尋常性乾癬、尋常性白斑、菌状息肉症…