【偏見と憶測】凪良ゆう『流浪の月』|感想・レビュー

偏見と憶測について突き詰めていく傑作 どうもトフィーです。今回の記事では、凪良ゆう先生の『流浪の月』についての感想を語っていこうと思います。2020年の本屋大賞を受賞した作品で、文句なしの傑作でした。 流浪の月 1.あらすじ 2.『流浪の月』の感想と内容紹介 a.評価と情報 b.作品内容 3.『流浪の月』全編を通しての…