「おススメの本を教えてください」という無謀なコミュニケーション

僕の鞄の中から、顔をのぞかせていた新聞と文庫本を見つけた後輩が 「活字好きなんですか?」と声をかけてきた。 他部署の同僚だ。且つ僕より低い役職なので直接会話(根回しやお伺いをする機会がない)をする機会はあまりない。日常の会話は挨拶やねぎらい程度である。僕は彼のパーソナリティについて詳しくない。 以前、…