中部電力、発電ダムの設計・運用を見直し発電量を3~28%もアップ

中部電力の勝野哲社長は、7月28日に開催した7月度定例記者会見で、既設水力発電所の発電電力量の増加に向けた、「設計の最適化・新技術の適用」と、コストがほとんどかからない「運用変更」の2つを柱とする取組みについて紹介した。