最高裁平成28年判決

最高裁平成28年6月27日判決は、司法書士の取り扱える過払い金・債務の金額を1社ごと140万円と判断。また本人訴訟支援の報酬20%を暴利行為と判断した高裁の判断を維持。