「舞姫」豊太郎の「恨み」に迫る2 駄作なぐらいベタな設定を理解する 教科書定番教材シリーズ

「舞姫」は、2回目になりました。いよいよ物語を読んでいきます。今日は、「舞姫」の設定を考えます。