ビジネスインプロヴィゼーションの導入プログラム その1

2日以上の日程をもらえるワークショッププログラムであれば、かならずインプロヴィゼーションのワークを入れるようにしています。少し時間は取りますが、アイスブレークになるだけでなく、どうやればグループでのアイデア発想がスムーズに行くのか、その原理原則が体験的に理解できるからです。 僕のプログラムでは、以下…