「元こじらせ女子」のわたしが、そこから脱出できたワケ

今回はこじらせから卒業したわたしの考え方について書いていきます。 こじらせの理想は高すぎる わたし、こうして自分が勘違い野郎だってことに気づきました 冷静に考えて、自分は男性から選ばれる存在か こじらせの理想は高すぎる わたしは、自分がなぜ結婚したいのかという理由を婚活開始前からちゃんと自覚していました…