街道をゆくでも取り上げられた川と並行に架かる橋・蘇州宝帯橋を訪ねる!

蘇州・宝帯橋 蘇州駐在者のバイブルと言われる一冊の本がある。司馬遼太郎の<街道をゆく>19巻「中国・江南のみち」だ。 単に蘇州と杭州が舞台というだけの話だが、上海や北京ではなく、蘇州というマイナースポットに駐在する人にとって、本で取り上げられるというのは溜飲が下がる思いなのだろう(蘇州は日本人駐在員が…